穀物を使用したキャットフードのデメリット


キャットフードを購入できるペットショップやホームセンターなどを見てみると、穀物を使用しているキャットフードがまだまだ多いです。理由は非常に安価で飼い主としてもあまりコストがかからないという点に尽きるでしょう。しかし、猫の健康面を見てみると穀物を使用しているキャットフードはあまりよろしくありません。それは猫は本来、穀物を消化できる機能を持ち合わせていない為、消化不良などにより栄養不足が懸念されるからです。

穀物を使用しているキャットフードの中で、一番ひどい商品は4Dミートと呼ばれる動物の死骸を混ぜている商品もあります。死骸ですから説明しなくても決して良質なタンパク質でないことは分かっていただけると思います。このような安いキャットフードでは、自然なタンパク質を摂取することは皆無です。

また、一番良いキャットフードは穀物を使っていないグレインフリーのキャットフードなのです。猫は肉食動物ですので、穀物のタンパク質ではなく肉や魚などのタンパク質を摂取しないと健康な生活ができないような仕組みになっているのです。特にこれから成長をする小さい猫にとっては良質なタンパク質は必要不可欠です。少しコストがかかってしまいますが、グレインフリーで、かつ良質な動物性タンパク質を摂取することが、健康で丈夫な猫を育てる唯一の方法であると言えるでしょう。ちなみに、キャットフード通販ショップ【モグニャン】では、穀物不使用キャットフードと販売しています。また、低脂肪で高タンパクな白身魚も配合されています。こちらも参考にしてみてはかいかがでしょうか。